LEGO MINDSTORMS EV3で自動的にドアのロックを解除してみた。

今日紹介するのは、LEGO MINDSTORMS EV3(以後EV3)で自宅勝手口のドアロックを自動で解除するという試みです。

仕組みとしては、Raspberry Pi Zero(以後ラズパイゼロ)の疎通をpingで連続的に確認して、疎通が確認できたらモーターを回転させてドアのロックを解除するという仕組みです。

EV3ではev3devを起動させPythonのスクリプトをMacからsshで走らせます。Pythonのコードは以下のように単純なものです。

192.168.1.104がラズパイゼロのIPアドレスです。自宅のWiFiルーターの電波の届く範囲に入ったらEV3からのpingが通るようになり、EV3が自動的にロックを解除します。

また音声も、日本語で「ロックしました」や「解除しました」に聞こえるようにしてみました。w

下の写真がドアにEV3を取り付けたところです。やはりテープで固定しないと滑ったりしてダメですね。

 DSCN1331 DSCN1333 DSCN1334

次の写真が無線鍵?のラズパイゼロです。

DSCN1335

USBポートにWiFiドングルを取り付けています。

で、ロックが解除されるところを撮った動画が以下です。

ラズパイゼロとのpingによる疎通が取れない間は5秒おきに「ロックしました」と言い続けます。w

疎通が一度でもできたら鍵を解除してbreakでループを抜けてスクリプトは終了します。解除する際には「解除しました」としゃべります。w

これを本当に実用化するにはまだまだいろいろ工夫する必要がありますが、原理的にはこういうこともできるということが実証できたと思います。ラズパイゼロとのコンビネーションという意味でも面白かったですね。まぁpingを返すだけなのでスマホでもいいわけなんですけど…。

またEV3を使った別のネタを考えてみます。

今日のところはこの辺で。☕️

関連記事:LEGO MINDSTORMS EV3に ev3devをインストールしてみた。
関連記事:LEGO MINDSTORMS EV3にWiFiドングルを差してLANに繋げてみた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です