超小型 無線LAN USBアダプタをRaspberry Pi2に接続してみた。

11n/g/b対応 150Mbps WPSボタン搭載 超小型 無線LAN USBアダプタ:PLANEX GW-USNANO2AをRaspberry Pi2に接続してみましたので、今回はそれをレポートします。

GW-USNANO2Aのパッケージは以下のような感じです。

IMG_0789

USBポートに挿して認識されているか確認します。ちなみにOSはRaspbian Jessieです。

SS 2016-03-03 1.20.05

PLANEX~が表示されていればOKです。

非固定IPの接続でよければメニューバー右上のネットワークアイコンをクリックして、該当のSSIDの無線LANを選択し、パスフレーズを入力すればOKです。それでもうまくいかない場合は以下の手順で手動で設定してください。

まずPSKのパスフレーズを暗号化したものを取得します。

すると、psk=hogehogehohe…と長い暗号化されたパスフレーズが表示されますので、その行をコピーしておきます。次に/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイルをエディタで開いて以下を追加します。

固定IPとしたい場合はさらに、/etc/dhcpcd.confをエディタで編集します。以下の内容を追記して下さい。

以上で設定は完了ですのでWiFiを再起動しましょう。

ifconfigコマンドで設定したIPアドレスが表示されていれば全て完了です。

今日のところはこの辺で。☕️

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です