Raspberry Pi 2にNginx+MySQL+PHP+WordPressをインストールしてマルチサイトをコピーしてみた。その2

今日の投稿は覚え書きの意味が大きいです。

タイトルにある様に、Raspberry Pi 2にNginx+MySQL+PHP+WordPressをインストールしてマルチサイトをコピーする手順を記録しておこうと思います。

まず、Nginx+MySQL+PHP+WordPressをインストールする部分は以下のサイトを参考に行いました。

Debian 7 でLAMP(Nginx+MySQL+PHP)インストールからWordPressを動かすまで(Nginx編)

私の環境はRaspbian Jessieですが、Debian7と大差はなかった様で、なんとかインストールまでは完了しました。ちなみにNginxは軽くて高性能と評判のWebサーバです。MySQLはデータベースサーバ、PHPはご存知の通りダイナミックなウェブサイトを構成するためのスクリプティング環境で、WordPressはこれらの環境の上で動くCMS(Contents Management System)で、簡単に高品質なブログやウェブサイトを構築できます。

ところで、WordPressをインストールした後に管理画面を開くところで、なぜかwp-login.phpファイルがサーバーサイドで処理されずダウンロードされてしまうという現象に見舞われました。
不確かなのですが、確かファイルのパーミッションを705に、所有者とグループをnginx:nginxに修正して、この現象は治まった様に記憶しています。基本的にはサイトのルートディレクトリ以下のファイルは全てこの設定にしています。ただしセキュリティの観点からwp-config.phpのパーミッションは404に、Nginxでは使われないので削除しても多分OKなのですが、.htaccessファイルのパーミッションは604に設定しました。

さらに、画像ファイルなどメディアのアップロードサイズの制限を上げるために以下のサイトを参考にしました。このページの情報で行けたと思います。(ちゃんと記録しておけばよかったです…。すみません。)

最大アップロード容量を変更する

それから引っ越しにはphpMyAdminというデータベースをGUIで簡単に管理できるスクリプトをインストールする必要があったのですが、普通にパッケージからapt−getコマンドでインストールすると強制的にApacheかlighttpdも漏れなくインストールされてしまうので、手作業でインストールしました。と言ってもそんなに大変なことではなく、公式サイトから安定版をダウンロードして、/usr/share/phpmyadminとして展開(解凍)し、このフォルダへのシンボリックリンクを張るだけです。セキュリティのため、リンクは名前をランダムなものに変えてWebのルートディレクトリに配置します。

それからいよいよ引っ越しです。以下のサイトを主に参考にしました。

WordPressサイトの移転方法(マルチサイトにも対応)

1. 移転元サイトへのアクセスを遮断
2. 移転元サイトのプラグインを全て停止、テーマを標準の物にする
3. phpMyAdminで移転元サイトのデータをエクスポート
4. 移転元サイトのファイルをダウンロードする
5. phpMyAdminで移転先サイトにデータをインポート
6. 移転先サーバにファイルをアップロードする
7. .htaccessファイルを書き換える
8. wp-config.phpを書き換える
9. データベースのサイトURLを書き換える
10. データベースのドメインとパスを書き換える(マルチサイトのみ)
11. プラグインとテーマを元に戻して完了!

以上の順なのですが、7番だけはNginxに対応していないので別サイトを参考にしました。

Nginx – WordPress Codex 日本語版

ちょっと高度な内容なので若干ハードルが高いですが、なんとか食らいついていきました。

結果として引っ越しは大成功でした。

結局今日の投稿には一行もコマンドを書きませんでしたね…。全て人様の知識に頼って生きている私です。w

それでは今日はこの辺で。☕️

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です