地デジ対策 フレッツ・テレビから室内アンテナへ

(function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,’script’,’//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’);

ga(‘create’, ‘UA-42369473-1’, ‘okahirookahiro.blogspot.jp’);
ga(‘send’, ‘pageview’);

我が家は戸建て住宅ですが屋根にアンテナはありません。ベランダや壁にもないです。
それでもテレビを視聴できているのはNTT東日本のフレッツ・テレビのおかげです。フレッツ・テレビでは、フレッツ光回線のインターネット用の周波数とは違う周波数帯を利用してテレビの信号を同時に光回線で受信できる仕組みです。(理解が間違ってたらごめんなさい。)
しかも地デジだけでなく、BS、CSも受信できます。ケーブルテレビも技術は異なれど同様のサービスを提供しているのでしょうが、とにかく便利なサービスではあります。しかも月額660円というお手頃価格なので我が家でも導入しています。
しかし、今回の通信費削減の試みである光回線からの脱却によって、このサービスも使えなくなります。我が家ではインターネット(有線と無線LAN)も固定電話もFAXもテレビもみんな一本の光ケーブルに頼っているのです…。orz

黒箱がONU一体型ルータ。右下に同軸ケーブル接続。左下はWiFiルータ(壁から脱落。。)

さすがにテレビが観れなくなるのは困るので、ここはアンテナを購入するしかありません。聞くところによると、地デジはアナログテレビに比べて受信しやすいとのことで、室内アンテナでなんとか受信できないか検討してみることにしました。そこで、総務省のデジサポがやっている地デジアンテナキット無料貸出を利用してみました。
ネットから申し込み用紙をダウンロードし、必要事項を記入した上でFAXで申し込むと、確認の電話が翌日に掛かってきて、その2日後にはアンテナキットが届きました。
キットには地デジ用の室内アンテナと地デジチューナーやケーブル類など必要なものが一通り揃っていました。早速アンテナとケーブルをテレビに繋げて受信レベルを確認してみましたが、やはり1階に置いたのでは映りません。テレビごと抱えて2階に上がり、部屋の隅にアンテナを置いてみましたが、やはりまだ受信レベルが足りません。ケーブルを伸ばして家の中で一番東京スカイツリーに近い窓際にアンテナを持って行き、北東の方向に向けると見事に映りました!(・∀・)
これで室内アンテナをなんとか工夫して設置すれば、地デジだけならなんとか映ることが実際に確認できました。
とはいえ、数あるチャンネルのうち、これまでは観れていたTVK、TOKYO MX、放送大学はダメでした。TVKが映らないのは送信所が東京スカイツリーの方向とは違うことと、その他の局は東京スカイツリー側の送信出力が弱い結果だと思われます。(なお放送大学はまだ東京タワーから送信されてるみたいですが、我が家からはほとんど方向が変わりません。)その点でもフレッツ・テレビはよくできたサービスだと思います。
アンテナキットには丁寧に宛先印字済みの着払い伝票が同梱されていたので、それを貼ってデジサポに宅配便で返送しました。実にありがたいサービスです。
今回借りたアンテナはブースターが内蔵されていないモデルだったので、ブースター付きのモデルであればもっと受信レベルは上がるはずです。部屋の隅に置くくらいでも大丈夫かもしれません。

そこで検討した結果、DXアンテナ製のUAD1900を購入しました。ブースター分を含む利得も大きく、スタンドを付けて自立させることもできるし、壁や柱などに取り付けることもできます。BS用の端子と混合器も内蔵されています。価格は1万円をちょっと超えるくらいでした。

DXアンテナ UAD1900

購入後スタンドを取り付けて試しにテレビにつないでみました。おおっ、1ch(NHK-G)なら1階のテレビの隣にUAD1900を置いただけでも映る!でも他のチャンネルはダメ。そこで、2階の部屋に置いてみたところ他のチャンネルも見事に映ることを確認!でも受信レベルが50を若干下回る局もあり、やはり同じ2階でもできるだけ東京スカイツリーに近い場所に設置する必要がありそうです。
最終的な設置場所を決めた後、我が家ではユニットバスの天井裏に各部屋への分配器があるので、その配線をいじるなどして各部屋のアンテナ端子に信号が行き渡るように若干の工事が必要です。これには少々時間がかかりますので、完了したら別の機会にご紹介したいと思います。
今回は通信費削減の話というより地デジ対策のお話になってしまいましたね。(笑)

次回に続く…

この記事が役に立ったと思う方は是非サイト内の広告クリックをお願いします。 m( _ _ )m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です