フレッツ光からWiMAXへ乗り換え

(function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,’script’,’//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’);

ga(‘create’, ‘UA-42369473-1’, ‘okahirookahiro.blogspot.jp’);
ga(‘send’, ‘pageview’);

前回の記事では自分一人の携帯料金を安くする方法について書いたことになります。ただし、スマホ機能(スマホ携帯である必要はない)が使えることが肝心です。(^_^)
では、次に他の家族、我が家の場合は妻の携帯代を何とかしたい。妻は携帯料金を安く抑えるために未だにフィーチャーフォンかつドコモの基本料金の一番安いプランで粘っています。しかしこのご時世、やはりスマホ的なものを持たせてあげたいということでさらなる検討に入ります。
(なお、ドコモにこだわっているのは、実家に帰るとauやソフトバンクは地形の影響からか受信状態が悪いらしいです。ただし最近はソフトバンクなどの基地局も増えてるいってるようですし、通話を受けるだけならホワイトプランに乗り換えるのも一考です。これは別の機会に検討します。)

選択肢は二つ、素直にスマホに乗り換えるか、あるいは私と同じようにWiMAX+iPod touchにするかです。
最近かなり注目されている低価格SIMというのも十分に検討の価値はあるでしょう。
でもこれは我が家の場合選びませんでした。なぜなら現在加入している固定電話(ひかり電話)も兼ねている光回線も通信費削減の対象としてセットで考えたいからです。つまり光回線をいっそのこと解約し、パソコンのインターネット通信などもWiMAXに全て頼ってしまおうという作戦です。もちろん固定電話もなくなり、電話は携帯のみになりますが特に支障はないでしょう。
なぜこのことが低価格SIMを選ばないことにリンクするかというと、家庭のパソコンでのネット回線としても携帯端末を利用したいからです。特にパソコンによるネット利用では速度や通信量が大きくなります。パソコンでもネットをチビチビ使うという手も無くはないですがYouTubeやradikoくらい通信量を気にせず使いたいですよね。そういう意味では普通のスマホによるテザリングも通信量の制限があることから検討の範囲外になるわけです。
それから、そもそも妻もテザリング出来るスマホやWiMAXのルーターなどをもっていないと、私が仕事などで外出してWiMAXのモバイルルーターを持ち出している間は家でネットが使えないという事態になります。(>_<)

ということで、妻もWiMAX+iPod touchという選択で決まりです。ただし今持っているフィーチャーフォンは当面そのまま並行利用します。やはり050PlusなどのIPフォンアプリだけではまだ心許ないですからね。将来的にはこの辺りも見直しの対象にしたいところです。フィーチャーフォンも解約できればさらに通信費を削減できるからです。

ちなみに我が家の場合、一階はWiMAXの通信状態があまりよくないので、家に帰ったらどちらかのモバイルルーターは二階に置くようにする予定です。

ところで、実は光回線の解約にまつわる大きな課題が我が家にはあります。次回はそれについて書こうと思います。

私のおふるのiPod touch(第4世代)と妻のフィーチャーフォン

次回に続く…

この記事が役に立ったと思う方は是非サイト内の広告クリックをお願いします。 m( _ _ )m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です